狂犬病発症の男性死亡 フィリピンで感染、愛知

愛知県豊橋市は15日、フィリピンから来日後に狂犬病を発症し、

同市内の病院に入院していた外国籍の30代男性が13日に死亡したと発表した。

昨年9月ごろにフィリピンで犬にかまれ、感染したとみられていた。

豊橋市によると、男性は2月に就労のため来日し、

5月中旬から足首や腰の痛み、水を怖がるなどの症状を訴えていた。

国立感染症研究所の検査で、22日に狂犬病への感染を確認した。

国内では2006年にフィリピンで犬にかまれた日本人男性2人が帰国後に発症し、いずれも死亡した。

******************************

まだ今年、狂犬病ワクチンを接種していない飼い主さんは、

犬を動物病院に連れて行き、ワクチン接種をしてもらいましょう。

今年はコロナ禍で島田市など狂犬病ワクチンの集合注射がなくなりました。

動物病院では、狂犬病ワクチンは常備しています。

発症すると犬も人も100%に死に至る可能性がある感染症ですから。

今月に入り気温の上昇に伴い、特に犬の胃腸疾患がかなり増えています。

少しでも異変がありましたら動物病院に行きましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

PAGE TOP