【20%OFF!】フィラリア予防注射に必要な「血液検査」|2021年3月末までに来院の方限定です

今年もフィラリア予防接種のシーズンが始まりました。

まだ病院を決めていない方に朗報!

星の動物クリニックでは、2021年3月までに来院してくださった方限定で、20%オフにてフィラリア予防注射に必要な血液検査が受診いただけます。

フィラリアの予防注射は投薬よりも、愛犬にはずっと負担が少なく、一回打てば一年効果がもちます。

ぜひご検討くださいね。

フィラリア予防って?予防しないとどうなるの?

フィラリアは、蚊に刺されることによって感染する犬の代表的な寄生虫で、心臓の機能障害を引き起こす感染症のひとつです。

蚊の発生する時期の前にしっかり予防をしないと、かかるリスクが高くなってしまいます。

ですが、フィラリア症は予防によって100%防ぐことができます!

予防には

・投薬
・予防注射

の2種類があります。

投薬の場合には、フィラリア症予防薬(経口剤)を毎月1回、1カ月間隔で愛犬に与えます。フィラリア症予防薬は、フィラリアの幼虫が心臓に到達する前に駆除するお薬です。投薬を嫌がる場合も少なくなく、負担と感じる飼い主さんも多いですよね。

しかし予防注射の場合には、一年に一回打つだけで予防効果が持続するんです。

早期接種のメリット3つ

フィラリア予防注射のメリットは多くあります。特にこの3つは飼い主さんにも、愛犬にもいい点です。

1:病院が空いている

春になると、蚊が出てくる時期に備えたフィラリア予防等で病院が大変混雑します。

一年のうちどこで受けてもいい予防接種なので、冬の病院が空いている時期がおすすめです。

今なら2021年3月末までの来院で、血液検査が20%OFF!(予防注射に必要です)ぜひお得にご利用くださいね。

2:毎月投薬をしなくていい

フィラリア予防薬投与状況調査によると、犬の飼い主さん約35%に投薬に関するストレスがみられるという結果が出ています。

毎月の投薬負担を軽減するためにも、予防注射への切り替えをおすすめしています。

3:効果が確実

フィラリア症予防薬(経口剤)の場合、お薬の効果が1ヵ月持続するわけではなく、体内に入ってから、ある程度成長した幼虫に対してお薬が効くため

飲ませるタイミングによっては効果が薄れてしまう場合があります。

また、薬自体を飲ませ忘れてしまったり、飼い主が知らない間に吐き戻してしまうことも。

確実な予防方法を、飼い主さんが選んであげてくださいね。

どうして血液検査をするの?

フィラリア予防注射の前には、血液検査が必要です。

その理由は、前の年にフィラリアに感染しなかったかどうか確認するためです。

投薬期間を過ぎた後にフィラリアに感染していた場合、

気づかずに予防薬の投与を行うと、アナフィラキシーショックを起こしてしまうことがあるためです。

接種後の健康観察もおまかせください

フィラリア予防注射の際には、注射後、愛犬の調子もしっかりみさせていただきます。

注射の副作用など、心配な点は接種前にお尋ねください。

猫ちゃんへの予防も忘れずに

犬の病気と思われていますが、実は猫もフィラリア(犬糸状虫)の予防が必要です。

猫は犬と比べてフィラリアの寄生数が少なく症状も少ないため、あまり発見されませんが周りに蚊がいる環境で飼育されている方は

ぜひ猫ちゃんへのフィラリア予防も検討されてください。

予約方法はこちら

フィラリア予防注射、予約は

・お電話

番号:0547-33-3300

  診療時間

 平日:午前 9:00 – 12:00 / 午後 16:00 – 19:00

 土曜:午前 9:00 – 12:00 / 午後 13:00 – 17:00

・WEB予約サイト(ただいま準備中です、今しばらくおまちください。)

からお待ちしています。

また、フィラリア予防注射の金額はわんちゃんの大きさ毎に違うので、お電話でお気軽にご確認ください。

もっとお得なお知らせ!

フィラリアの予防薬も、15%OFFキャンペーンを実施中!

一年まとめて予防された方、またはフィラリア予防注射された方には

先着でプレゼントをご用意しています!

「アルコール除菌スプレー300㎖ 1本」「フィラリア カレンダー」などなど…

数に限りがございますのでお早めにご来院下さい。

トリミングでお預かりの際に全て済ませておくこともできますので、ご予約の際にお伝えください。

関連記事

  1. WEBから予約ができるようになりました!|WEB予約システム…

  2. 「いつもと違う、病気かな?どうしたらいい?」お電話でも相談O…

PAGE TOP